この記事を読むのに必要な時間は
約 4 分です。

整体の逆SEO対策はwebパトへ

2020.05.07

こんにちは!

webパト隊員の峯です!!

今回は、整体向けの逆SEO対策について記事にしました。

逆SEO対策とは

逆SEO対策とは、ターゲットになるサイトの表示順位を落として2ページ若しくは3ページ以降へ順位を落としていく対策になります。

ターゲットとしては、誹謗中傷や風評被害に繋がるようなサイトがターゲットになります。

逆SEOの目的としては、炎上を防ぐためや炎上してしまってから収束を早めるための対策にもつながります。

では、逆SEO対策はどのように行うのか。

逆SEO対策の方法について

方法はいろいろな手法がありますが主にこの3種類になります。
・ターゲットサイトにペナルティを受けるリンクを送る。
・ターゲットサイトのライバルサイトに対して優良な被リンクを送る。
・Googleにスパムとして認識させる。

ペナルティを受けるリンクを送る。

Googleは、一昔前はリンクの量が多いサイトが優良なサイトとして上位に表示をしていましたが、現在では明らかに大量なリンクを貼りすぎるとGoogleはわざと上位表示のためにリンクを作っていると感知して特定のサイトへペナルティを与えてしまいます。

これによりサイトを2ページ目以降に表示させることができます。

ターゲットサイトのライバルサイトに対して優良な被リンクを送る。

ターゲットサイトのライバルサイトに優良なリンクを張ることでライバルサイトを上位に押し上げることでターゲットサイトを2ページ目以降に表示させます。

Googleにスパムとして認識させる。

Googleはコピーコンテンツに対してペナルティを加えます。
これを利用してターゲットサイトのコピーコンテンツを増やすことでターゲットサイトを評価を下げて逆SEOを行うことが可能です。

逆SEO対策の費用

逆SEO対策の費用はい大体いくらぐらいなのか。
相場としては大体30万円ぐらいの相場といわれています。

料金としては、ほかのサイトの上位表示化を行うという作業もあるため料金としては大体これぐらいになってくると思います。

今では、SEO対策は飽和しつつありどこの企業でも当たり前になりつつあるからです。

これにより上位表示化の難易度が上がり費用も高騰しつつあります。

それに比べたら、自社のイメージを守るためにネガティブサイトを下位表示する費用が30万円なら安いほうではないでしょうか。

webパトの逆SEO対策

webパトで行っている逆SEO対策は弊社のポータルサイトにお客様の情報を記載して上位表示化を狙って行っております。
これにより、ただ単純にターゲットであるネガティブサイトの順位を下げるだけでなく特定のキーワードでお客様のポジティブな情報を増やしSEO対策としても使えるのが他社様との違いになります。
 月額10万円~

上記金額より承っておりますのでお気軽に弊社までお問合せくださいませ。

整体の逆SEO対策はwebパトへ

 

ページトップ