この記事を読むのに必要な時間は
約 4 分です。

【対策必須】誹謗中傷・風評被害の悪影響

2020.06.19

風評被害の恐ろしさをご存知ですか。

この現代でのネット時代では、ネット上に乗っている情報というのはほとんどが信頼性のある情報に思えてしまいます。
そこで悪質な口コミであったり八つ当たりでありもしない情報を流したりする人もいます。

これを放置しておくとSNSなどで拡散されてしまい炎上の原因になってしまいます。
一度、炎上してしまうと企業様や個人様であっても炎上してしまうと世間からは負のイメージがついてしまいます

これにより、営業反響、売り上げ、求人反響など様々なところに悪影響を及ぼします。

悪影響から倒産する会社も少なくありません。


風評被害を避けるために

では、どのようにすれば良いのか。
まずは、ネットパトロールをしっかりすることです。
定期的に会社名や個人名、サービス名などで検索を行い定期的にパトロールをする必要があります。
そして、風評被害など見つけ次第、弁護士または自らで削除するしかありません。

ですが、単純に削除してしまうと炎上がさらに悪化してしまうこともあります。
ですので、削除など行う前にはしっかりと弁護士や風評被害対策に詳しい企業さんなどにご相談することをお勧めいたします。

風評被害対策などについて詳しい専門家や企業様などにご相談するのが一番いいかと思います。

理由としては、炎上をいかに沈静化させるかというノウハウと実績があるため
沈静化や炎上を事前に防ぐ防止策が非常に強力です。

沈静化するためにもただ削除するだけではなく上位表示から外してむやみやたらに削除はせずに
第三者から目につきにくくするなど様々な工夫を凝らして炎上を沈静化します。
また、ネットパトロールについてもネットには今や無数のサイトの数があります。
その中から、風評被害につながるようなサイトをみつけるのはかなり難しいです。

でも、個々の工数をかけるのもお困りじゃないでしょうか。

そこで登場するのが誹謗中傷対策に特化した業者です。

万が一、炎上してしまった場合

弊社では様々な経験をしてきたスタッフが全力でフォロー、アドバイスを行ってきます。

経験値のある人だからこそ迅速な対応が可能です。

専門家による炎上原因になっている投稿やサイトを逆SEO、削除、投稿者の特定を行い被害の縮小に力を注ぎます。

 

メリット

我々は、提携している弁護士と共にインターネットでの誹謗中傷の投稿を早期発見から誹謗中傷の投稿の削除と犯人の特定までが他の企業に比べてスムーズに行うことが出来ます。

ネット内の炎上は拡散スピードが非常に高いため、早期発見がもっとも大事になります。

お見積もりも一括で全てが計算が可能なため簡単にお出しすることが出来ますので、気軽にご相談下さい。

 

まとめ

弊社のシステムはWEBパトロール対策という対策があり、それは被害者側になる人だけでなく、加害者にもなりうる可能性を防ぐ事も可能です。
それは週1回のパトロールをし、炎上しそうな書き込みを警告する事が出来るからです。

我々、webパトもこのような誹謗中傷・風評被害に強いコンサルタントが在中しておりますのでお気軽にご相談くださいませ。

ページトップ