この記事を読むのに必要な時間は
約 3 分です。

悪質なサジェストワードの削除方法

2019.10.06

サジェストや関連キーワードにネガティブなキーワードが表示されてしまうと、それだけで企業のブランド・求人・集客など様々な問題が出てきます。

サジェストや関連キーワードにあなたの企業のネガティブキーワードや誹謗中傷キーワードが表示されてしまった場合の対処法についてご紹介します。

サジェストとは

このように「エステ」と検索するとしたに予測検索で様々なキーワードが出てきます。
検索ボックスにキーワードを入れた際、その下に自動で開く検索補助機能のことです。
この様々なキーワードを「サジェスト」機能と呼びます。

この表示されたサジェストキーワードはすべて他の人が実際に検索したキーワードであり、頻繁に検索されるキーワードとなります。

関連キーワードとは

関連キーワードとは、検索ページの最下部に設置された関連するキーワードの事を「関連キーワード」と呼びます。

関連キーワードはこのような時に表示されます。

・多数の人が実際に検索しているキーワード
・過去に多数の検索実績があるキーワード

が表示されます。

サジェストの更新周期

Yahooサジェストは毎日変動しますが、Googleサジェストは2週間~3週間で変動、更新していることがわかります。

ただ、リアルタイム性も重視しており、ニュースで話題になっているワードは数日後に表示されることがあります。

つまり、大幅な入れ替え自体は2~3週間であるが、ニュース性のあるサジェストは短期間でも出す仕様になっていると考えた方がよさそうです。

サジェストによる悪影響について

企業の誹謗中傷がサジェストや関連キーワードに表示されていると不利益なもの以外何物でもありません。取引先企業・就活生・お客様が、Web上で会社名を検索するのは当たり前です。もしサジェストや関連キーワードにネガティブワードが出てしまっていると、ネガティブな先入観を持たれてしまい、売上や営業、採用などの悪影響が出てしまいます。

弊社はサジェスト上に表示されているネガティブワードを全て非表示にすることが可能です。

 

1度非表示させても、対策をやめて放置してしまうとまたネガティブワードが表示されてしまう可能性もあります。ですので、定期的な監視が必要になります。

 

まとめ

サジェスト対策は、あくまでネガティブな要素を無くすだけの施策になります。

ですが、1度サジェスト非表示に成功してもネガティブワードがまた検索されるようになると、またネガティブワードが表示される場合もあります。

その場合は弊社の「サイト監視プラン」もご用意しております。

サジェストの風評被害でお困りのようでしたら、WEBパトへお気軽にご相談ください。

ページトップ