この記事を読むのに必要な時間は
約 5 分です。

SNS上であなたの動画が勝手にアップされていませんか?

2020.06.27

webパト隊員の峯です!

今回は、最近SNS上などでも話題になっている動画などで人を晒すという行為についてです。

その行為は、自己防衛として最初は使われていることがほとんどでしたが、今では自分の嫌いな相手を陥れるための一つの手法になっております。

他人が映った動画を勝手にアップロードしていませんか。

まずはじめに気を付けなければいけないところとして他人が映っている動画・画像などを勝手にSNSに投稿していませんか?

もし投稿しているのであれば今すぐに削除したほうがいいかもしれません!!
肖像権を侵害する違法行為に当たります!!
こんな記事を見つけました。

公権力に対する国民の肖像権を認めた最高裁判例*¹

肖像権とは、「みだりに自己の容貌や姿態を撮影されたり、撮影された肖像写真を公表されない権利」です。

この権利は、最高裁の判例によって、まず警察などの公権力に対する国民の権利として認められました。

学生デモを撮影していた警察官に対する、デモ参加者による暴行行為が、公務執行妨害罪等に該当するか否が問われた刑事裁判において、「そもそも警察官が無断でデモ参加者を撮影する行為は、違法な公務ではないか」が問題となったのです。

根拠は、個人の尊厳が国政上の至上価値であることを定めた憲法第13条です。

ここにおいて最高裁は、一般論として、「何人も、その承諾なしに、みだりにその容ぼう・姿態を撮影されない自由を有する」としたのです(※)。

※「京都府学連デモ事件」最高裁昭和44年12月24日判決
*¹下記サイトより引用

https://www.fuhyo-bengoshicafe.com/bengoshicafe-12255.html

判例にもあるよう最高裁判所で認められている事項になるためこれをしっかり念頭に置いてsnsを運用することがいいでしょう。

SNS上に動画や画像が勝手に乗せられている場合

では、逆に被害を受けている場合はどうすればいいのでしょうか。
弊社でよく問合せを受けている内容としては、下記のようなものがあります。

・SNS上で自分の写真がアップされており個人情報や誹謗中傷にあたる内容の投稿をされている。

個人様からのお問合せだとほとんどがこういった内容に類似したものになります。

また、法人様からのお問合せは下記のような内容です。

・社内や店舗の従業員に対してのの接客態度などの誹謗中傷や接客対応などを動画がSNSでアップされている。

このような内容も多く問合せしていただいております。

どういった対応をするべきなのか。

基本的には、投稿の削除、開示請求などを行って訴訟を起こすことがほとんどです。

しかし、開示請求をしてしまうことでさらなる炎上を招く場合があるため弊社では運営会社に投稿の削除依頼を進めております。

では、投稿の削除をしたいときはどうすればいいのでしょうか。

投稿の削除の方法

基本的に、投稿内容の削除を行う場合は弁護士又は当人からSNSの運営会社などに直接削除依頼の申請を行わなければいけません。
さらに、文脈や文の内容も簡単に「この投稿を削除してください。」といった内容ではなく法律などを掛け合わせたしかっりとした文で出なくてはいけません。

そのため、個人での投稿の削除は難しくなり基本的には弁護士への依頼する場合がほとんどです。

しかし、削除する投稿が膨大になると削除依頼を一件ごとに弁護士の場合は費用が掛かってしまいます。

そこで、弊社では個人のお客様や法人でのお客様に向けて素人からでも投稿の削除依頼が出せるツールをご用意しております。

直接弊社が、SNSの運営会社に削除依頼を代理で出すことは違法行為になってしまうためお客様に例文を提示することで素人でも
削除ができるというシステムです!!

料金についても比較的安価な設定になっておりますので安心してご利用いただけると思います。

SNSの風評被害でお困りごとがあれば一度弊社までお声がけください。

 

ページトップ